第1章 計量法の目的

 計量法の目的は、@計量の基準を定め、A適正な計量の実施を確保し、もって経済の発展及び文化の向上に寄与することにある。
 

1.計量の基準

 世の中には「長さ」、「質量」、「時間」など、数値でその大きさを表すことができる事象や現象があるが、計量法ではこうしたものを「物象の状態の量」と呼称している。計量法では、対象とする「物象の状態の量」を、それらが取引又は証明、産業、学術、日常生活の分野での計量で重要な機能を期待されているという観点から規定しており、「物象の状態の量」として熟度の高いものを法律で72量(法第2条第1項第1号)、熟度の低いものは政令で17量(計量単位令第1条)を定めている。以下にそれらを示す。

 計量法で「計量」とは、これら「物象の状態の量」を計ることと定義付けている。ここで「物象の状態の量」を計るためには、何らかの基準が必要となってくるが、「計量単位」はその基準となるものである。したがって、個々の「物象の状態の量」ごとに「計量単位」が与えられ、かつ、「計量単位」の内容を確定するためにその「定義」がなされる必要がある。計量法では、前述の72の物象の状態の量に対応する「計量単位」を「法定計量単位」として、国際度量衡総会*’で決議された国際的に合意された単位系である国際単位系(略称、SI又はSI単位)をもとに定めている。 SI単位における基本単位である、長さ、質量、時間、電流、温度、物質量、光度の7量については表1.1のように定められている。