夢にだに見で明かしつる暁の
恋こそ恋のかぎりなりけれ




 
眠れぬまま、夢の中でさえ、
恋しい人と会わずに明かしたあかつきの恋こそ、
恋の極致であったのだなあ。






(和泉式部続集 岩波文庫『和泉式部集 和泉式部続集』)
この歌のどこがいいんだと言われると、何か困るんですけれども(苦笑)。
響きとしらべが好き、で、
何とも現代的とゆーか、コピーみたいにストレートな物言いが好き、で、
目にとまってしまったのです。

2001年8月2日


HOME